, ,

理性の力を弱めて流れる力を高める

taikiyggoffice

ユグ塾5期の第一講。

今回のクラスでは、ワークを通して、自分の1番大切な価値観と1番受け入れられない価値観を出し、それぞれの価値観の立場に立って、お互いにどんな風に貢献しあっているかを話して頂いた。

とても単純なワークで、普通に理路整然と喋れば、サラッと終わってしまうワーク。ところが、ユグ塾では、呼吸法などを用いて、理性の力を弱めた状態でワークをするので、理性の抑えが効かず、ワーク中、自分が気付かないフリをしている想いが上がって来やすくなる。

フタを開けてみると自分の一番嫌な価値観は、それが強ければ強いほど、自分の一番大切な価値観に大きく貢献してくれている事が多い。もしかしたら、そんなはずはない!って思いたい事もあるかもしれない。。。

でも、それを無理やり抑えないで、ちゃんと味わえば、良い悪いの判断を超えて自分のカラダがその感情をちゃんと処理してくれるようにヒトのカラダは出来ている。それが料理の仕組みと似ていることから、味わいの仕組みと僕は勝手に呼んでいる。ヒトのカラダは奇跡的で、ホントに凄い。

来月も楽しみだぁ〜。。

>>ユグ塾の詳細&お申し込みはコチラ

,

やりたい事、失敗しても大丈夫!

profile01

ふかさわ@オフィス

先週末はofficeの4期。この講座では自分らしい働き方やライフスタイルの為の仕事作りを、濃密な実践的テクニックと共にお伝えしている。

今インフラも整備されて、テクニックも無料で調べられて、誰でも自由に仕事を作り出せる時代になった。思い立ったら誰でも好きな事を仕事にできる時代。

でも、実際は、そう思ってもなかなか踏み切れなかったり、始めてもなかなか上手くいかなかったり、上手くいっていないのに平気な顔して内面は耐えていたり、簡単に始められる反面、自分らしく仕事をしていくってやってみると結構大変。

よく観察すると、その大変さの裏側には、自分でも意識していない悲しみや恐怖が渦巻いている。厄介なのは、自分でも薄々は気づいているんだけど、それはなかなか表現できないという所。というのも、表現すれば、自分自身のアイデンティティが大きく揺らいでしまう。

要は、社会的なポジションや周りからの見られ方、自分のやっている事は間違っているんじゃないかとか、他人や世間との関係性や、そこからの評価が気になる。

ところが、今期は4ヶ月目にして、自分の内側にある気持ちに気づく人が増え、マインドがかなりオープンになった。何か始めて失敗してもいいじゃないか、大丈夫じゃないか!という安心感があり、とりあえず何か始めてみようという感じがある。

そうすると、バウンド発信でなく、エネルギーをちゃんと自分発信で使えるようになる。失敗したらどうしよう、人からどう思われるだろう。。というプレッシャーや恐怖感(自分にとっての敵に向けたエネルギーの反射)からのスタートにならないので、向かう所に敵は少なくなる。

でも、そういうスタートの為には、自分がまみれている恐怖や悲しみの類いに、ちゃんとまみれなくちゃいけない。今回も、涙あり、笑ありのいい会になった。今期は僕含め、皆涙もろい・・・笑

どんな風になっていくか、また来月が楽しみ!

皆さん、お疲れ様でした!

, ,

やりたい事の地図を描こう!

大輝 @EDO

profile01事業者にとって、売り上げが上がるか上がらないかは死活問題だ。とはいえ、売り上げが上がっても、忙しいばかりで、自分が本来やりたかった方向とは違った方向に行ってしまえば、それはそれで死活問題に繋がる。だって、モチベーションが続かないからね。

例えば、web集客のテクニックも、ブログやメルマガやペイパークリック広告とかたくさんあって、どれが自分にあっているのかはわからない。

むしろ、売るテクニックにばかり執着すると、自分は一体何の為に仕事をしているのかわからなくなる時だってある。いっその事、こんな事なら、会社員で月給を貰っていた方が楽だろうにって。。。だから、自分がしている事の舵取りや地図を今の時点で描いておく事は、セールスやマーケティングの知識を得る事よりとても大事になる。

事業の地図をどうやって描くか・・・?

事業の地図を描くにも、たくさんの方法があるけれど、僕は自分の価値観と日常を比べ、価値観の順位を再認識する事をお勧めしている。

実は、日常生活の中で、たくさんエネルギーやお金を注いでいたり、喜びをよく感じるものというのは、今のあなたが行っている価値基準の結果だ。例えば、ゲームにたくさんの時間やお金を使っている人もいれば、読書にお金を使っている人もいるだろうし、自分の身の回りにはセールスやマーケティングの本ばかりだという人もいるだろう。それは、自分が「今行っている」価値判断の結果になる。

でも、実際は、本当はこうだったらいいのになという理想があったり、理想を叶えられない現実を嘆く事もあるわけで、現実と理想の価値観の順番というのがかけ離れている人も結構いると思う。ってか、多分ほとんどの人がそうだよね。だから、その2つの価値観を比べて、バランスをとっていくワークを4月に始まるユグ塾の来期から本格的にやる事にした。

今までも、2つの好きを見分けるワークなんかがあって成果が上がっていたんだけど、僕は食養生が最初の出発点なので、東洋の食養生の考え方を取り入れた要素も入れようと思い来期から改める事にした。また、このワークは、フードサイコロジーでも使っている、深層心理学的な要素も取り入れたので、どんな結果につながっていくか、今からとても楽しみだ。

 

ユグ塾

profile01

記事書いてる人→ 深澤大輝 (Taiki Fukasawa)

エドを主催。大好きな事でその人らしく自由に生きて行くワークスタイルを実現するお手伝いをしている。小手先のテクニックだけでなく、自分と向き合うためのワークを取り入れ、充実感とやりがいをベースにした働き方を追求している。事業相談では、医療や療法関係、食品関係などの事業に関わる事が多い。

,

価値観がわかれば人生思い通り

大輝@エド

自分の価値観についてどのくらい知ってる?価値観ってとても大切なんだけど、意外に多くの人が意識していない。僕らは、無意識の価値観に支配されて行動していることが結構多い。自分の価値観がわかれば、自分の人生をもっとうまくマネジメントできるようになる。。。

世の中はバランスでできている

4月からユグ塾4期が始まる。今期からは、かなり内容を変えてより実践的な内容を加えていこうかと思っていて、、、その一つが、価値観の再構築ワーク。

このワークは、僕が食養生を勉強している時に、とある食養家の先生に教えてもらったのが始めのライティングワーク。このワークの基本的な解釈は、この世の全てはバランスで成り立っているというもの。

たとえば、自分が理想だと思っている働き方があってそれをしたいと強く思っていれば、逆に理想でなくて嫌な働き方も同じくらい同時にあるというもの。僕らは、いいと思う度合いと同じくらい、悪いと思うものがあることで、ちゃんとバランスが取れるようになっていく。

まやかしか真か

このワークをちゃんとすると、自分の今の理想や希望が本来の自分の願いなのかがよく見えてくる。今ある理想は、嫌な現実を中和したい(バランスを取りたい)が為の、まやかしの理想なのかどうか。

そうすると、結構まやかしだらけだったってことも結構ある。僕も自分でやってみたらまやかしだらけで落ち込みました・・・笑

この価値観の再構築ワークでは、価値観の優先順位を明らかにし、その価値観を今の自分の現状に当てはめていくことで、今の自分のバランスの取り方が見えてくる。本来の自分らしい流れを作っていく第一歩は、自分自身のイマの優先順位を知ることから始まる。

ユグ塾

profile01

深澤大輝 (Taiki Fukasawa)

ユグ塾を主催。大好きな事でその人らしく自由に生きて行くワークスタイルを実現するお手伝いをしている。小手先のテクニックだけでなく、自分と向き合うためのワークを取り入れ、充実感とやりがいをベースにした働き方を追求している。事業相談では、医療や療法関係、食品関係などの事業に関わる事が多い。

,

1を知って10を身につけるために知っておきたい事

ふかさわ: セミナーを受けて頂いた方から嬉しいご感想を頂いたりして今日は嬉し曜日。ややっぱ好きな事している人は輝いてるよ!

セミナーで話したんだけど、いま、自分の好きな事やりたい!って人めっちゃ多いんだよね。だから、そのマーケットも大きくなっているわけで、当然コンサルタントやテクニックなんかも増えている。

でも、ここで一つ注意したい事がある。それは・・・

煩悩に釣られまくる・・・

これは、僕も実際にぼくもそうだからよくわかるんだけど、みんなテクニックを集めるのが好きなんだよね。ネット広告が熱いとか、facebookのなんとかってシステムがいい!とか、新しいテクニックが出ると、すぐ気になっちゃう。

そんでそれを勉強し始めちゃうわけなんだよね。これは、人間の性質みたいなものだからもうどうしようもない。煩悩みたなものだよね笑

でも、実はそれを打ち消す必殺技がある。

システムを認識に組み入れる

ここで大切なのは、システム。言い方を変えれば、仕組みだったりプロセスだったり、流れって言い方もできる。

本当は、自分の心です!って、言いたいよ。だって、エドでは自分に根ざしたライフスタイルや働き方を推奨しているわけですから。

でも、やっぱり僕らは3次元をいきているから、最低限のテクニックは必要なんだよね。だからシステム。システムを自分の頭に一度入れておくと、見込客に使うテクニックなのか、既存客に使うテクニックなのかがよく分かるし、いまうまくいかないのは、どこの仕組みが足りていないからというのもよく分かる。

伸びしろが全然違う

システムっていうのは、セールスプロセスそのものだから、覚えると、目の前の小手先のテクニックに手を出さなくなるばかりか、自分自身にいま必要なものは何か、冷ややかな目で冷静に自分自身を考える事ができる。

だから、めっちゃ経済的なばかりか、時間が余るようになる。そうすると、自分自身が仕事にしている好きな事をブラッシュアップしていく時間もできる。心の問題ももちろん大事だけど、こういう最低限のテクニックを知ると、結果はこんなに違う。

スクリーンショット 2016-02-08 16.35.37

対数ってなに?って人のために・・・中学の時に、数学の先生が言ってたのを再現すると、

「もう、わお−!って感じで伸びるんだよ」ってね笑

だから、小手先のテクニックだけを勉強している人は、心のマネジメントできる力を自分でしっかり身につけたほうがいいし、心ばっかって人は、テクニックを最低限勉強した方がいい。それで、その最初のテクニックにオススメなのが、仕組みのテクニック。

これを勉強すると、羅針盤が出来上がる。どの商品を最初にオススメしたらいいか、どんな商品やサービスをこの先作っていったらいいかとか分かる。だから、いま悩みがあるなら、自分はどんな仕組みでサービスや商品を売っていて、それぞれにどんなサービス(ブログやSNS)を使っているかを意識してみるといい。意外に発見あるよ、きっと。

仕組みと心のマネジメント両方を勉強できる無料セミナーも開催中。

>詳細はここから

profile01

記事書いてる人→ 深澤大輝 (Taiki Fukasawa)

エドを主催。大好きな事でその人らしく自由に生きて行くワークスタイルを実現するお手伝いをしている。小手先のテクニックだけでなく、自分と向き合うためのワークを取り入れ、充実感とやりがいをベースにした働き方を追求している。事業相談では、医療や療法関係、食品関係などの事業に関わる事が多い。

,

人と違う切り口で商品開発する知恵

最近ネットはすごいなって改めて感じる。ウェブセミナーの告知をしたら、2分後に申し込みがあるくらい、現代はホントにネット社会。

前だったら、rss知ってる人くらいしか更新受け取れなかったのに、今じゃサービスが充実してきて、誰でも本当に早く情報を受け取れるようになった。その分、みんな生活の仕方やワークスタイルについてもかなり価値観の別れが出てきた。

仕事のしやすい環境

前に僕が会社でデザイン関係の事をさせてもらっていた時、パワポじゃやだから、イラレを買ってほしいと言った事があった。(ま、即答で無理ですって返ってきたから、しばらく、ごねてたら3ヶ月後くらいして何とか入れてくれたけどね・・・笑)

イラレは、ご存知の通り、Adobeのデザインソフトイラストレーターで、当時はパッケージで何十万もした。でも、今じゃ、クラウドがあるから月に数千円で使う事ができるし、イラレだけじゃなく、映像の編集ソフトのプレミアやアフターエフェクトなんかも使える。(当時こんなサービスあったらめっちゃよかったのに・・・泣)

技術では差がつかない

と、まぁ、何が言いたいかというと、今、昔はプロしか使えなかったソフトや知識が普通にすぐに手に入るし、ソフトの性能も上がっているわけだから、昔なら何ステップも手順を踏んでやっとできたプロの技がワンタッチでできちゃう。動画でだって独学できるしね。

だから、自分で何かをやってみたい人ってかなり増えた気がする。というよりも、自分で仕事をすぐに始められる環境を整えやすくなったから、やってみたい、自分にも何かできるんじゃないかって思うよね、そりゃ。

知り合いでもたくさんいるけど、会社にいながら副業してるって人増えたよね。という事は、技術ではそんなに差はつきにくいって事。技術で差がつかないってことは、どこがポイントかというと、切り口がポイントになる。

人と差がつく切り口

何も突拍子がないことをしようというわけではなく、人と違う切り口を作るのはめっちゃ簡単。

自分がしたいこと + 自分がしてきたこと

自分がしてきたことが、違う分野だろうが、これからしたいことに組み入れていく。最初のうち見つからないなら、だれかの真似をして始めてみる。やっていくうちに、だんだんと自分のオリジナリティが入って、自然と磨かれていくしね。

僕は個人的にレオナルド・ダ・ヴィンチが入っていた事が好きだけだけど、

彼は、「すべての学問は繋がっている(元は一つだ)」みたいな事を言っていたらしい。

だから、自分が今までやってきた事と全く異なる事を始めても、必ずどこかで繋がってくる。そして、繋がったときに生まれる切り口の違いが、あなたのオリジナリティになる。点が線で繋がる日、そんなに遠くないよ。

> ちなみに、自分だけのオリジナリティを活かした仕組みの作り方、無料で学べます。

profile01

記事書いてる人→ 深澤大輝 (Taiki Fukasawa)

エドを主催。大好きな事でその人らしく自由に生きて行くワークスタイルを実現するお手伝いをしている。小手先のテクニックだけでなく、フードサイコロジーの自分と向き合うためのワークなども取り入れ、流行や上っ面でない充実感とやりがいをベースにした働き方を追求している。

やること沢山な事業主・・・師走だ!

オフィスの記事を書くのは久々。

最近年末だからか事業相談が多くて手が回らなかった。 この前、あるクライアントさんのホームページ集客の相談に乗っていた時、急いでるんです、早くして下さいと言われ作業していると、数日後。。。 今度は違う相談をしたいと同じクライアントさんから依頼が入った。 さらに読む

あなたは自分ベース?相手ベース??

(ふかさわ)
おかげさまで、ユグ塾のキャンペーンのお申し込み期間が無事に終了。

今回は、かなり思い切ったキャンペーンだったので、正直ドキドキした。。。昔だったら、こんなに思いきれなかっただろうなと、今さら、思う。僕に限らず、意外に自分のことって決められない事が多い人って結構いるんじゃないかなと思う。 さらに読む