Profile プロフィール

300-300_profile20161205深澤大輝 (ふかさわたいき)

ユグラボを主催。特別な事をするのではなく、普通に働く事や生活する事自体で、自分の人生の充実度と快適度を上げていくライフマネジメントを提案している。脳を深く使い、感覚を磨き、味わい深いライフスタイルを送ると、日常が面白くなるだけでなく、自然と自分らしく色々な事が何故かうまくいくようになる。自分で前に漕いでいくのではなく、流れをうまくつかみ、頑張らずに流れに乗って運ばれていくライフスタイルを研究している。傍でやる料理の著書に「ふだん料理革命」「ご飯とおかず 心と体と魂を癒すレシピ」がある。

自分らしい働き方を、ライフスタイルに取り入れる

僕は、一時期、会社員をしていた時もあるのですが、その時から、副業として事業相談の仕事をスタートしました。はじめは、面白半分で、ただ自分のスキルアップにと思ってやっていたのですが、だんだんと広がり結果的に技術もつき、単なる好きがどんどん仕事になっていきました。歯を食いしばりながら頑張るよりも、やりたい事だけを追求していったら、なんだか知らないけど、いつの間にか必要とされて仕事になった、そんなワークスタイルを皆さんとシェアできたらと思います。

そんなこんなで、色んな事をやっていますので、少しご紹介します。

ワーク1 呼吸の料理人

言語勉強や自分の体づくりの為に、趣味でしていた料理もいつの間にか仕事になってしまいました。やっていくうちに、食養生の方から入った料理が呼吸法と結びつき、呼吸の料理に。素材のうまみとチカラを活かし、作る人の感覚と創造力を磨く「呼吸の料理」が誕生しました。ビーガンレストラン湯島食堂でシェフとパティシエを兼任しながら、世界の伝統料理を研究して、各国の料理をビーガンで表現していたところ、ルイ・ヴィトンのシティガイドにも掲載頂きました。 また、雑誌やコーディネート、メニュー開発などもしています。本も出版して頂きました。

ワーク2 大人と子供の教育

ライフマネジメントとしての食養生の見直しと提案。食だけでなく、心や体をケアする様々なアプローチを提案している。もともと、食養生は健康になろうというよりは、どうやって人生のマネジメント力を身につけるかを意図していた。人間関係の問題の解消や、子供を持つ両親のための食やココロ、カラダを通した内面のケアをフードサイコロジーとして伝えている。内面が整うと、なぜか周りが自然と変わってくる。

ワーク3 ワークスタイルの研究

自由に好きなことだけをして人生を生きられないだろうか?そんな事をライフワークとして研究してきた。料理やフードサイコロジーもその一環。会社を辞めて独立するのがいいというわけではなく、どうせ働くなら、充実感ややりがい、幸福感なんかを重視した働き方を取り入れた方がいいし、もっというなら、自分で仕事を自由に作ってなんでも好きなことに挑戦できた方がいい。そんなことをYgg office ではお伝えしています。